母校へ

私立中高生の演奏会が国立音大の大ホールで行われ
息子が出演したので、聴きに出かけました。
音大へ行くのは15年ぶり。
玉川上水駅付近が随分様変わりして
「えーっ!」「へぇ〜」と心の中で叫びまくり。
大学までの荒地だった沿道も
欧風な一戸建ての家々が立ち並び、マンションが増え、
拓殖大学の高校まで出来ていました
当時、なんて素敵な講堂かしら、と思っていたホールも
随分古くなり年月を感じました。
2回の入学式、2回の卒業式、作品発表会、卒業演奏会、
大事な行事はすべてこのホールで行われ
思い出がいっぱいです。
112501.jpg
さて今日の演奏会は
学校毎にカラーが出ていておもしろかったです。
ディズニーやアニメ曲などコミカルなアレンジものが
まったくユニークに聞こえてこないのは残念です。
演奏がマジメ過ぎるのかな。
マジメなカラーの学校はクラシック曲を選曲するべきですし、
ポップな曲に挑戦するのならとことん弾けるべき。
現代曲に挑戦している力のある学校もありました。
女子高より男子校の方が
気取りがない分、音楽が生き生きして聴こえました。
人前で何かをするのが恥ずかしい年頃ですから仕方がないのかな。
息子は大合同演奏に参加し、
「アイーダ」の凱旋行進曲のトランペット(この曲でもっとも美味しい部分です)
を気持ち良さそうに吹いておりました
幸せだねっ
母の母校で
我が子が同じ舞台で音楽を演奏するなんて
20年前の私には想像もしなかったこと。
客席で感慨深く聴きました
112502.jpg
中高生がこんな大ホールで
日々の部活の成果を発表できるなんて
日本はなんて豊かな国なのでしょう。

“母校へ” に1件のコメントがあります

コメントする